DMMモバイルで確認すべきこと!速度や料金を徹底解説!

DMMモバイルのインターネット速度

様々なMVNOの中でも、DMMモバイルは、262.5MbqsのLTE回線を使用したdocomoの価格が自慢のサービスです。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。通信速度も速い上に安定性が高いので、口コミやレビューサイトへの、ユーザーによる書き込みでも、非常に良い評価を受けているという印象です。安さと速さを兼ね備えたスマホをお求めの方にとって、DMMモバイルが最も良いのではないでしょうか。

DMMモバイルにおける通信制限に関して

DMMモバイルは、低速通信時に関しては、直近の3日間のデータ通信量によって、制限がかかってしまうこともありますのでご了承ください。高速通信を利用している場合が、3日間の制限は掛かりません。利用者が平等に快適に利用できるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、設定容量を超えたユーザーには、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。

DMMモバイル口コミ

DMMモバイルのセールスポイントは、格安の料金で高速な通信回線を利用できることこそ魅力であると答えます。利用料金の安さと通信速度の速さの両方を満たしたいのであれば、DMMモバイルがついに実現してくれたのです。口コミなどでも、最も評価されているのは、料金とインターネットの速度のようです。

高速な通信速度が人気の理由

DMMモバイルのレビューサイトでよく見かけるのが、その通信性能、つまり速さと安定性についてです。DMMモバイルはMVMO各社の中でも特にローコストな格安スマホ会社なのに、速度も安定して速いということで、DMMモバイルは人気が高まってきています更にその上、DMMのさまざまなサービスで1ポイント=1円で利用できるDMMポイントもつくので、料金の安さと速さを重視する人にとっては、なんか文句の付けようが無いみたいです。これを機にDMMモバイルに乗り換えて、お得なスマホ生活してみませんか?

DMMモバイルの特徴

DMMモバイルは安さを売りにしているMVNO業者の一つですが、既に知っている方もいると思いますが、動画サイトの「DMM.com」が運営する格安スマホのサービスです。MVNOの中でも屈指の安値でサービスを提供しているのがDMMモバイルの特徴で、月々の料金を出来るだけ節約していという人にはおすすめのMVNOです。通信は安定しているので不安なく使用でき、快適にインターネットを利用する事が出来ます。前置きはこの辺で、DMMモバイルのすべてを網羅したつもりです。節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

docomoの基地局を利用した格安SIMサービス!

オンラインレンタルで知られるDMM.comのもう一つの顔である、「格安スマホ・SIM」サービスを提供する「DMMmobile」は、通信回線はNTTドコモのものを使っています。docomoと同じく信頼の高い通話品質ですので、サービスのエリアも広くカバーしており、つながりにくいといった心配は一切ございません。これまで使用していたdocomoのスマホであれば、DMMモバイルでもそのまま使うことができます。もし、docomoのスマホをお持ちでないなら、DMMモバイルではSIMフリーのスマホとセットでの提供も行っておりますので、そちらを利用することも可能です。もともとNTT docomoのスマホをお持ちの方なら、端末を購入する必要がないので、値の張る本体を新しく購入する分のお金が節約できるのが朗報ですね。スマホにかけるお金は減らしつつ、それでもdocomoの回線で安心に便利にオトクに、それがDMMモバイルです。

iPhoneも24回払い出来る

DMMモバイルは、iPhoneの分割購入ができるという点は他社にはない大きな特徴の一つです。ふつうMVNOといえば、海外製の格安端末しか取り扱っていないことが多く、iPhoneは取扱対象外であることがほとんどです。DMMモバイルは、そんな状況の中でも、最新のiPhoneを揃えており、分割購入でiPhoneを手に入れたいのであれば、DMMモバイルはやはり魅力があります。MVNOを使いiPhoneも一緒に購入したいとなると、DMMモバイルをぜひお選びください。ただ、大人気のため、DMMモバイルでのiPhoneは売り切れ続出なので、在庫状況をチェックして申し込み可能な時に手続きをしておくことをおススメします。

データ通信量の繰越

選択されたプランによって使用出来るデータ容量が異なりますが、時には忙しいなどの理由で、割り当てられたデータ容量を使い切れなかったという月もあるのではないでしょうか。こういったことに、対処出来るのがDMMモバイルであり、余った分を翌月に繰り越して、その分もプラスして使うことができます。翌月に繰り越しが出来る格安SIM会社は意外に少ないので、この翌月繰越は、多くのユーザーがDMMモバイルを選ぶ理由のひとつと言えるでしょう。繰り越しができるので、通信データ量を無駄にすることが減って格安スマホの使いでが向上しますね。

おうちで即日MNPにも対応

DMMモバイルは即日MNPに対応することで、よりスムーズに転入手続きを行えるようになりました。DMMモバイルが採用しているMNP届け出方式は、インターネット上で手軽な手続きを行いさえすれば、MNPの手続きが行えるようになっています。その途中段階で、携帯が使えなくなる事はありません。これまで、即日NMPを利用したい場合限られた店舗に出向く必要がありましたが、自宅や旅行先でもMNPによる回線の切替が出来る為、どこにいても即日MNPが可能となっています。MNP時の回線が不通となる期間がネックで、乗り換えるかどうか、ためらっていた方にもおすすめできるサービスです。SIMカードが届いたらDMMモバイルの会員ページに訪れて、回線切替ボタンをクリックすれば即日MNPの手続きは終わります。即日MNPが可能となった事で、DMMモバイルの格安スマホはより利用しやすくなったといえるでしょう。

契約中はずっと10%還元!毎月DMM.comのポイントバック!

DMMモバイルのご利用期間中は、利用金額の10%が毎月DMMポイントとして還元される、お値打ちな特典があります。キャンペーンの対象となるのは、月額基本料はもちろん、その他のの料金も対象となるため、がっつり使うことが分かっているユーザーにとっては、ずいぶんお値打ちなキャンペーンになりますね。業界最安値の料金に加えて、さらに、10%のポイントバックがつくので、とてもお得なMVNOとなっています。もし、現在の携帯代に不満があれば一度はDMMモバイルをチェックすることをお勧めいたします。

バースト機能採用で、低速時がより快適に。

DMMモバイルに採用されている通信技術にバースト転送というものがあります。バースト機能がどのようなものか、その特徴について触れてみます。低速通信中に、はじめの数秒だけ高速通信を取り入れることで、 ウェブサイトの読み込みやメールの送受信の速度が向上できる機能です。通信が低速なときでも、この機能が働けば、読み込みのスピードが上がるため、WEBページを閲覧する際のレスポンスが向上し、より便利にインターネットを使えるので、多くの人に利便性を与える機能になります。今のところバースト機能が使える格安スマホはDMMモバイルの他ではIIJmioくらいしかないので、他のメリットも合わせて考えるとやはりDMMが一押しですね。

DMMモバイル料金プランと解約に関して

キャリア選びには料金プランや回線速度が重要となりますが、DMMモバイルではどのようになっているのか説明します。現在ご利用中のスマホ料金と比べると、通信費用をどの程度カットできるのか、注視してみるといいでしょう。ということで、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

DMMmobileの料金と初期費用

DMMモバイルのプランは、スマートホン用のSIMには、データ通信のみ可能なSIMとデータ通信と合わせて音声通話が出来るSIMがあり料金が異なります。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。音声通話SIMの料金プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,380円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,910円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,680円、10GBプランで2,890円、15GBプランで3,980円、20GBプランで4,680円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円です。

DMMモバイルの契約縛りについて

DMMモバイルの最低利用期間と違約金、これは頭に入れておいてくださいね。DMMモバイルの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。いつ解約しても、解約手数料は掛からないのが嬉しいですね。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも1年間は使用しなければならないことになっています。もし何らかの理由により12ヶ月に満たない間に契約を解除する場合は、解約手数料として、9,000円が発生してしまいます。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

DMMモバイルのキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加