IIJmioの速度や繋がりやすさに関する評判

IIJmioの特徴まとめ

株式会社インターネットイニシアティブが販売している「みおふぉん」というMVNOについて解説していきます。インターネットイニシアティブジャパンは、格安SIMサービスの古参企業の一つであり、最初から格安SIMサービスを利用していた方ならば、誰もがIIJmioというのを少し聞いた覚えがあることでしょう。その実力は 格安SIMアワード2015顧客満足度調査における総合部門で最優秀賞を受賞するほど定評あるものです。世間からのブランドイメージも良く、顧客サポートがユーザに受けが良いことが、受賞の要因として推察されます。それでは、IIJmioの料金やデータ通信に関してまとめましたので、話題のIIJmioについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoエリアで使える格安SIM

格安スマホサービスとして人気を集めているIIJmioはdocomoから回線を借りてサービスを行っています。ですのでもちろん通話品質はドコモと同じですし、サービスエリアもdocomoと同じで広いため信頼抜群。「電波が悪いんじゃ…?」なんて心配いらずで使えます。また、docomoのスマホを使っていたら大概の場合そのままIIJmioのSIMを使うことができます。そのため、IIJmioが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。docomoのスマホを使うのであれば、SIMカードだけ購入すればいいので、新たに本体代を支払う必要がなく、経済的に優しいですね。docomoという安心できる名前のサービスを利用することができ、毎月の支払額も安く抑えることができる魅力的なサービスです。

初速バースト!さらに快適な低速通信

IIJmioには、バースト機能という特殊な機能が備わっています。耳慣れない言葉だと思いますので、バースト機能についてご説明いたします。バースト機能とは、低速通信でも最初の数秒のみ高速通信を行って、インターネットに接続した際スムーズにウェブを開くことが出来るようにする機能です。通信が低速なときでも、この機能が働けば、読み込みのスピードが上がるため、よくありがちなイライラをなくすことが出来、インターネットをしていても利用時に快適になり、とても注目されている機能となっております。現在、バースト機能はIIJmioとDMMモバイルで利用できる機能です。

データ通信量の翌月繰越し対応!

選ぶプランにより毎月使える通信量は異なりますが、月に使用する量が少ない時もあるので残ってしまう場合もあります。IIJmioなら、余ったデータ容量を翌月に繰り越して使用する事が可能です。余った容量を繰り越せないで、そのまま消滅してしまうMVNOもあるなか、IIJmioがデータ繰り越し機能に対応していることは、大きなセールスポイントとなっています。データ通信量も無駄なく使うのがベストですから、翌月繰越しは嬉しいサービスですね。

家族利用に嬉しい、10枚OK!

IIJmioの家族タイプのサービスなら、SIMカードの追加ができちゃうんです。その数なんと最大10枚!つまり1つの家庭に多くの人がいれば、みんなで使えば、断然お得なんです。今の家族全員の月々の携帯代とファミリーシェアを比べると、節約できる料金も大きな金額になるでしょう。このサービスを使って、浮いたお金を何に使うか、家族みんなで話し合うのも楽しいですね。サポートにも定評のあるIIJmioなら、格安スマホ初心者でも安心して利用出来るでしょう。子供でも安心して使えるように、「みまもりパック」というオプションもありますので、是非検討してみてはいかがですか?

IIJmio評価について

llJmioのアピールポイントの一つに、そのフォローが手厚いことと、MVNOの中でもベテランの域にあって信頼度が高いためです。実際に顧客満足度調査の格安SIMアワードでの受賞結果からも、上位にランキングするほどの顧客満足度が得られている事が分かります。購入後のアフターサービスも手厚く、格安スマホや格安SIMに慣れていない人でも、何の心配もなく利用できる格安スマホだと言えます。

アフターサポート・速度の安定感がうれしい!

IIJmioの口コミを見てみると、いつも安定している通信とサポートの丁寧さが評価を高めている要素のようです。格安SIM顧客満足度調査の結果から見てもわかるように、総合分野で最優秀賞を受賞するというのは顧客満足度が最も高いということです。そのためIIJmioは格安スマホを選ぶ時におすすめのMVNOの一つになるでしょう。MVNOの会社は数多くありますが、その中でもllJmioは格安スマホの先駆けであります。一般的な認識としても評判の良いMVNOなので、格安スマホ、格安SIMを今後検討されている方にとっては、心強いMVNOの一つです。

IIJmio月額と解約

格安スマホで今話題のIIJmioの料金や通信スピードなどについてちょっと説明させてください。現在使っているスマホの月々の料金と比べると、IIJmioならどれぐらい節約できるでしょうか。ご参考にして頂きたいと思います。どれぐらい節約できるのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

IIJmioの月額プランと初期費用

みおふぉんの料金プランに関しては、スマートホン用のSIMには、データ通信のみ可能なSIMとデータ通信と合わせて音声通話が出来るSIMがあり料金が異なります。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、従来のキャリア端末と同様にご使用されたい場合は、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円となっています。

データ専用SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円となっています。

解約縛り

IIJmioの最低利用期間と解約手数料、これは頭に入れておいてくださいね。IIJmioのデータ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。それに対してみおふぉんでは12カ月間の縛り期間が定められています。そのため何らかの理由で、12ヶ月経っていないのに解約を申込みますと、手数料として9,000円を徴収されることになります。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヶ月以上経てば、いつ解約しても違約金が掛からないのは嬉しいですね。

IIJmioの通信速度

今や百花繚乱状態にあるMVNO。わけてもIIJmioは、使用している格安スマホのサービス体系はdocomoの262.5MbpsのLTE回線である。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。ネットの繋がりやすさもいいようで、ネットなどではユーザーからの評判なども、おおむね高い評価を得ていますが、納得できるところです。月額料金が安く、通信速度が速い、この二点を重視した格安スマホをお探しならば、IIJmioが有力な選択肢になるでしょう。

IIJmioにおける3日制限

IIJmioでは、ただ、低速通信を使っているときは、直近の3日間はデータの使用量によって速度制限が設けられることがあります。ただし、72時間の通信データ量を基準とした制限は、高速通信については実施されませんので心配無用です。契約者が同じ条件で利用できるよう、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、今までより遅い低速通信がはじまります。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。相当なヘビーユーザーでない限り、通常の使い方をしていれば通信速度制限をされることは殆どありません。

IIJmioのキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加