mineoの速度や料金に関する実体験報告

mineo速度について

mineoのデータ通信速度についてご紹介します。docomoの回線を使用するドコモプランの回線速度はLTE回線(下り最大225Mbps、上り最大25Mbps)で、auの回線を使用するAプランも同様に4G LTE 225Mbpsとなっています。ユーザーの口コミなどでも話題になっていますが利用している人が多くて混雑している時は、キャリア契約の回線の通信速度には劣ってしまいます。通信速度を気に掛ける方であれば、キャリア契約しか選択肢は無いと言えるかもしれません。ただ、格安スマートフォンには月々の使用料が大幅に抑えられるというメリットがあるので、メリットとデメリットを考慮しても、十分に満足できる、魅力的なサービスであると思います。

mineo Aプランの帯域制御について

mineoの場合、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、予め決められたデータ通信の容量を超えたユーザーに対して、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持しています。この3日間規制は、設定された値を下回れば、契約者が何もしなくても制限はなくなります。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。mineoでは、各プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近72時間で3GBが規定値となっています。

mineo Dプランの速度制限

mineoのDプランに関しては、直近72時間のデータ通信量による速度の制限は設けられていません。データ使用量が日によって大きく違う方は、auプランよりもドコモプランで契約したほうが、3日制限を気にしなくていいので、いいかもしれません。キャリアの違いだけでなくこのような制限の違いもよく調べたうえでどちらのキャリアプランにするか検討するとよいでしょう。

mineo月額プランと解約

mineoの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。毎月ごとの料金を比較していき、いったいどれだけ安くなるんだろうかってことを、是非参考にご覧ください。早速、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

mineoの料金プランまとめ

mineoの月額費用は、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。データ通信専用SIMと違い、音声通話付きSIMは、070/080/090番号を使用することができます。普通の携帯電話としても使いたいときには、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ通信専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

最低利用期間

mineoの最低利用期間と解約違約金に関して、解説していきます。mineoは契約しているプランに最低利用期間を設定していない特色があるので、解約違約金が発生しません。解約金の条件がないのに格安スマホが使えるというのは、気軽に試せるのが嬉しいですね。ただ注意が必要なのが1年以内のMNP転出の場合で、この場合MNP転出手数料が12,420円必要になります。通話SIMで契約された場合は、これだけは忘れないでおきましょう。

mineoって?

mineoは、auとドコモに対応しているマルチキャリアサービスを展開しているMVNOです。ドコモやau、ソフトバンクから乗り換えをする場合には、毎月のスマホ代を安く済ませることができます。mineoのサービスは、月額1,310円の低価格で提供しているので、業界内でも大変話題になっています。国内で初めてのマルチキャリア格安スマホサービスで、ドコモ回線プランとau回線プランとを選べるMVNOです。docomoやAUと音声品質や使えるエリアが同じなので、信頼できますね。というわけで、今回は、mineoのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。少しお付き合い頂ければと思います。

docomoとAU回線網の格安スマホ

mineoは他のMVNOと異なり、マルチキャリアに対応していて、ドコモかauのどちらかの回線を選ぶことができます。会話する際の音の質も携帯電話各社と同じレベルな上、通話エリアもdocomoならdocomoと、auならauと同じ範囲です。同じ回線を使っているので、現在使っているスマホがdocomoかauならばそのまま使えるため、新しいスマホを購入するお金や手間も要りません。本体費用無しで月々の通話料が格段に安くなるって、本当に嬉しいことです。当然ながら本体を買い換えたいって人もいるので、格安のSIMフリースマホもセットで購入することもできます。安定して高品質なキャリア回線ををお得に使うことが出来ますし、回線の選択を自分の状況に合わせて、docomoかAUで選んでプランを組む事ができます。料金はプランごとに少々違いがありますので、比較対照した上で検討される方が良いと思います。

高品質通話VoLTE対応プランがある!

mineoで注目したいのが、VoLTE対応というところです。VoLTEというのは、従来の音声通話よりも格段に音質が改善された、最新通話技術のことです。それまでの方式で拾うことができたのは、周波数にして300Hzから3.4kHzほどの音でした。VoLTEの周波数帯域は50Hz~7kHz。今までカットされてしまっていた低音部、高音部を幅広くカバーしています。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。VoLTE対応を採用したmineoは、利用者にとってさらに魅力的なものとなりました。

容量くりこしができる!

なお、mineoは、高速通信容量が翌月に繰越せるので、月々のデータ通信量が一定でない方でも、無駄なく安心して使用することができるのはとても嬉しいことです。

mineoアプリの活用で、データ量圧縮!

そしてmineoスイッチというものもあって、高速通信と低速通信の2種類に、自分の好みによって、使い分けることができます。ターボ機能を使うと、パケット使用量の無駄遣いを抑えてくれるので、非常に助かる機能だと言えます。 Free Wi-Fiとmineoスイッチをうまく使うことで、より安価な料金プランで済ますこともできます。スマホの月額料金を安くするために役立つでしょう。

【まもなく締切】キャンペーンの詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加