楽天モバイルのキャンペーンの詳細をまとめてみた!

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。月々の利用料金は1250円という安さで、今、話題のサービスです。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、ドコモと同じように対応エリアも広く、通話品質も同等です。しかも楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場でのお買い物で2倍のポイントがもらえる点も魅力の一つです。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、楽天モバイルの詳細をまとめさせて頂きましたので、楽天モバイルのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomo回線網の格安スマホサービス

楽天モバイルでは、docomoの回線を使っています。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、通話可能なエリアもdocomoと同じなので、ほとんどの場所で問題なく電話がつながります。ドコモのスマホであれば、ほとんどの機種が楽天モバイルで利用することが出来ます。ドコモからの切り替えではなく、楽天モバイルで発売されているスホを直接ご購入いただくことも可能です。すでに使い慣れたNTT docomoのスマホを手放したくない方は、SIMカードだけの申し込みで利用できますし、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。ドコモ回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

格安スマホの機種が豊富

現在、楽天モバイルの対応対象外のスマホを使用している場合には、新たに対応端末を購入することが必要です。楽天モバイルのサイトを見ると販売されている端末は、他のMVNOに比べてとても豊富な機種を取り揃えてくれているのでとてもありがたいです。スマートホンだけでなく、タブレットを使いたいと思っている人でも、種類が多く同じように選択肢が広がります。ただ、ちょっとしたことですが留意していただきたいことがありまして、端末を分割払いする場合は楽天カードを利用する必要があるということです。楽天カードを持っていない場合は、本体購入代金は、現金で一括で支払う事になります。しかし、種類の豊富さはMVNOの中でも一番です。

余ったデータ通信量の翌月繰越対応

それぞれのプランによってデータ通信量は異なりますが、あまり使わなかった月などは、かなり余ってしまうこともあるかと思います。しかし、こういった場合でも楽天モバイルであれば、残った分は繰り越して、翌月に使用できます。MVNOによっては、データ通信量の翌月繰越に対応していないこともありますが、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができる楽天モバイルは魅力的です。繰越しサービスがあれば、データ通信料も無駄なく使えてお得感がありますね。

通話料が半額で済む、楽天でんわ

楽天が提供している「楽天でんわ」には、通話料が半額になるサービスがあるのです。このサービスはIP電話(インターネット電話)とは違ってプレフィックス型電話サービスといわれるもので、発信者の番号が相手へと通知されます。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。ですので、相手からしてみるといつも通りの着信と何も変わらないので安心して電話に出てくれます。IP電話利用時は非通知発信または050から始まる電話番号が相手に通知されるので、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、楽天でんわの先進性がご理解いただけると思います。楽天電話なら、かけた電話料金も、金額に応じて楽天ポイントが付与されますので、お得感も倍増といったところでしょうね。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

5分かけ放題オプション

携帯電話の大手キャリアであるsoftbank、au、docomoでは、通話時間の長短に関わらず一定の金額で通話を楽しめるプランがありますが、格安MVNOのほとんどが、通話し放題プランを設定していません。MVNOの格安スマホは気になりますが、電話を掛けることが多いので逆に高くなってしまいそうだと心配される方でも安心できるサービスです。その新しいサービスの名称は「5分かけ放題オプション」というもので、月850円の負担額で、5分以内の国内通話であれば何回かけてもそれ以上はとられないという魅力的なサービスです。5分間何度でも通話料無料というオプションが使うのは電話回線なので、楽天でんわと同様に、発信者番号通知にも対応し、普通の楽天でんわとかわりなく通話し放題になってしまうのが特徴です。楽天モバイルと競合する位置にあるのがNifMoで、こちらにもかけ放題のサービスはあるのですが、発信者番号通知がうまくいかない場合が多いとのようです。楽天でんわだと1分で約22円になるので、月に1時間以上通話している方にとってはお薦めのサービスですね。

初月は無料!

楽天モバイルで、格安SIMを契約するメリットは、使用開始月の1ヶ月間は無料で利用できます。使用開始月というのは、SIMカードなど、楽天モバイルで契約したものを受け取った日の月のことです。ですので、月初に届くとほぼ1ヶ月分がタダになるということです。しかし、現在契約しているスマホが解約月でない場合や、キャリアの支払い事情もありますので、ケースバイケースということになり、必ずしも月初めが狙い目ともいえないのです。乗り換えのタイミングは慎重に!

通信速度について

楽天モバイルの通信サービスは、ドコモの4G回線を利用したサービスとなっています。通信スピードについては、ドコモ回線と同じ回線なら、速さに関しての不安はきれいに払拭できそうです。格安でドコモの回線が利用できるという特徴が、楽天モバイルの魅力的なメリットのひとつです。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

楽天モバイルの速度制御に関して

どのMVNOでもそうですが、契約者が同じ条件で利用できるよう、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っていました。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、200Kbpsの速度規制が行われていたのが、過去の話です。嬉しいことに、この72時間制限が撤廃されました!楽天モバイルの格安スマホでは、動画を観ても、72時間制限のことを考える必要はもうありません。気軽に使えるのも嬉しい点ですね。

楽天モバイルの料金と初期費用

楽天モバイルの各種プランやその料金についてご案内させて頂きます。現在使われているスマホの月々の料金と比べて、携帯料金がお安くなり、節約できるのかをご覧いただければと思います。では、月額プランを見てみましょう。

楽天モバイルの料金・初期費用

楽天モバイルの月額費用は、データ専用SIMと音声機能付きSIMのどちらかを選ぶことが出来ます。音声通話機能付きのSIMだと、090や070、080の番号の普通の携帯電話の番号が使えるので、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。通話SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランは低速回線のみの使い放題というプランになり、ベーシックプラン以外は、LTEという高速回線である262.5mbpsまでつかえるプランとなります。初期費用として3,240円が必要になります。ただし、端末を購入する場合は別途端末代が必要になります。

解約手数料

解約手数料に関して、解説していきます。データSIMの場合、利用期間の縛りはありません。解約手数料は、解約時期に関係なく一切かからないということは非常に魅力的ですね。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。もし、12か月経過する前に途中解約するとなると、手数料として9,800円を徴収されることになります。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

今月の限定キャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加